わたしは以前、風邪をこじらせて、1週間程体調が悪いことがありました。

すると口角のあたりに何かでき始めました。

これまでよく胃の調子が悪くなると唇が荒れたりすることが多かったので、またいつものそれだと思って放置していました。

しかし、1週間経っても全く治る気配もなく、寧ろどんどん広がっていく感じでした。

ピリピリとした痛みを感じたり、小さいブツブツとした水ぶくれが出来たなと思ったらそれが割れてかさぶたとなります。

その繰り返しで、どんどん患部が広がっていきました。

挙句の果てには、カサブタが切れて痛いので、食事で口を開けるのも困難になってきてしまいました。

何かいつもとは違うと感じ、でき始めて3週間経てから、ようやく皮膚科に行きました。

そこでようやく口唇ヘルペスだったことが判明しました。

外用の塗り薬を処方してもらい、塗り始めたところ、すぐにピリピリ感が抑えられ、症状も落ち着いてきました。

ピリピリした時にすぐに塗るのがいいと聞いたので、その症状がある時にはすぐに塗るようにしていました。

治ったと思ってもすぐまた再発してくることもあるそうなので、症状がなくなっても塗り続けました。

そのおかげで、痕も残らずキレイに治すことができました。

口唇ヘルペスだと気づくのが遅れたために、治るまでにかなり時間がかかってしまいました。

しかし治ったと思っても、口唇ヘルペスは再発する可能性があります。

実は、最初の発症から2年後にもまた再発したのです。

その時も、風邪で体調を崩していました。

その時は、ピリピリ感と小さい水ぶくれの症状で、すぐに口唇ヘルペスだと気づいたので、すぐにドラッグストアでアクチビア軟膏を買って塗り始めました。

塗り始めたのが早かったおかげで、3回程ピリピリ感と水ぶくれ、かさぶたの症状を繰り返しましたが、それほど患部も広がることなく、すぐ治すことができました。

http://www.hegelslogic.net/